FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんそうってなぁに?

毎年、この時期になると
『火垂るの墓』がテレビで放送されます。


そして今年も放送されると昨日知りました。


私はこの映画が嫌いです。


・・・違うなぁ。
「嫌い」っていうんじゃなくて
なんていうのか
「つらい」のです。


結婚する前は、
「あぁ、今年もやってるな~」
なんて思いながら、なんとなく見て
ただ単に
「かわいそうだな」と涙を流していました。


でも
子どもを産んで親になったその年の放送を見たとき
節子とわが子が重なってしまい
それ以来、見ることはなくなりました。


実写版も
「松嶋奈々子が出るし・・・。」
と軽い気持ちで見てみたけれど
生身の人間が演じているというのは
とても生々しく、途中でチャンネルを変えてしまいました。



なので
当然今日も見るつもりはありませんでした。


もちろん
伝えていかなければならない事
とはわかっています。
でも、つらすぎるのです。


でも、コマーシャルで放送を知ってしまった息子。
「アニメ」ということで
単純に「見るんだ」とはりきっていました。


そして放送が始まり
私は違うことをしながら
横目でチラチラと見ていました。


黙ってみていた息子が突然、本当に突然でした!
「ねえ、ママ。“せんそう”って何?」
と質問してきました。


あまりの突然の、
そしてストレートな問いに
私は
「・・・。」
黙ってしまいました。


まだ、6歳。
もう、6歳。


なんて答えよう?
なんて教えればいい?


悩んでしまい、そのまま無言で済ましてしまいました。
息子もそれからは質問せずに静かに見ていました。



そして節子が息を引き取る場面で一言
「かわいそうだね・・・。」と。


私はその時
「“せんそう”って、こういう事なんだよ」
と答えていました。



・・・情けない。


戦争とは、当然いけないこと。
人が人を殺すなんて絶対にしてはいけない。
でも、それは64年前にこの日本であった出来事。
そして、今も世界の国々で争いが続いている・・・。
どうして?
なんで?



それをまだ伝える事はできません。
本当に情けないのですが
どう言えばいいのか
わからないのです。



広島、そして長崎に原爆が投下された日、
黙祷する私を
不思議そうに見ていた息子。



明日は終戦の日。
また私は黙祷するでしょう。
そして息子もまた不思議そうに私を見上げるでしょう。
もしかしたら、いや、きっと聞かれると思います。
「ママ、何してるの?」と・・・。


今日よりももう少しだけわかりやすく説明できるかなぁ・・・。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。